2014年06月08日

ベトナムの車窓から〜箱根駅伝でいうところの花の2区〜

みなさん、シンチャオ!
ホイアン・スタイルのマサトです。

さて、好評!?だった第1弾「ベトナムの車窓から」
皆さんの期待に応えて早くも第2弾です。笑

今回の区間は
華の「フエ―ダナン間」(*'▽')
所要時間:3時間程度

20140604_140804.jpg

昨日到着したフエ駅を出発します。。。

フエの市街を抜けると再び田園。

右手はラオスとの国境のチュオンソン山脈が連なります。

しばらく進むと左手に広大な「ラグーン」が広がります。
「Dam Cau Hai」と呼ばれます。

このエリアはラグーンガ点在し、湿地帯が続きます。

そして列車は有名な「Lang Co(ランコー)村」に入ります。

風光明媚な景色が続き、ランコー駅を過ぎると、
国道1号線と交差。

国道1号線はハイヴァン峠へと上っていき、
ハイヴァントンネルにつながります。

一方の列車は、、、

峠の縁を通り、
右手は「山」
左手は「海」
という絶景エリアを走り抜けます。

まさにベトナム統一鉄道界の「花の2区」!!どっちかといえば箱根峠。
魅せてくれます!笑

20140524_153253.jpg

「ハイヴァン峠」

海抜496mとあまり高くはありませんが、
海から直接立っているように見えるので、
高く感じる不思議な峠です。

この峠を越えると、、、

ダナンが見えてきます。

遠くからでも見える高層ビルが、
別の街に来たんだという気持ちを盛り上げます。

中央道で相模湖から小仏トンネルを抜けて、八王子に入ると街が広がっているあの感覚。笑

そして列車はダナンの市街地に入ります。。。

20140608_134407.jpg

「ツインタワー」

勢いがありますね、ダナン。
人口も100万人に届く勢いです。

でも結構ローカルなベトナムの雰囲気も残っていてホッとします。

そんなこんなで今日の目的地、「ダナン駅」に到着。

20140608_135633.jpg

退役した蒸気機関車が出迎えてくれます。

では今回はここまで。

次回は「ニャチャン」を目指す前に、
ダナン近郊の「ホイアン」を散策します。笑

ヘンガップライ!

↓次はホーチミン!?それともハノイ!?↓
にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村
posted by 旅ぷらAPTトラベルホイアン(世界遺産)店 at 21:27| ハノイ ☁| Comment(0) | 歴史・名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

ベトナムの車窓から〜ハノイ駅があのデザインなのってそういうことだったのか!〜

皆さん、シンチャオ!
ホイアン・スタイルのマサトです。

最近また一段と暑くなってきたホイアン。
もう、これ以上黒くならないだろってくらい真っ黒です。

日本にいる頃は日焼けしても赤くなるだけだったのになー。

そんなホイアン。
今日も平和です。

さて今回は列車旅の特集なんてものをやっちゃいます。
シリーズ化希望ということで、第1弾です。笑

今回のオススメ区間:ハノイ〜フエ間
所要時間:13時間前後

出発駅はこちら。
ハノイ駅(Ga Ha Noi)

20140310_120602.jpg

1902年に建てられた、元はコロニアル建築でしたが、
ベトナム戦争時に爆撃を受け、中央部はベトナム政府的デザインンとなりました。
両端のみコロニアル建築という珍しい造りです。


この駅から旅は始まります。


ハノイ市街を抜けると、
長閑な田園風景が広がります。

ビン(Vinh)駅に入る頃から、
進行方向右手(西側)にはラオス国境にもなっている「チュオンソン山脈」が連なります。

そんな風景が数時間続きます。

そして、、、フエ到着。

こちらがフエ駅です。

20140604_140804.jpg

ピンク色の建物が可愛らしいコロニアル建築です。

「ベトナムで最も美しい駅」ともいわれております。


今回の旅はここまで。
次回はダナンを目指します。

ヘンガップライ!

↓次はホーチミン!?それともハノイ!?↓
にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

posted by 旅ぷらAPTトラベルホイアン(世界遺産)店 at 21:56| ハノイ ☁| Comment(0) | 歴史・名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

赤・紫・黄〜ベトナムを彩る花木たちを紹介してみた〜

みなさん、シンチャオ!
ホイアン・スタイルのマサトです。

暑い日が続いておりますが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
日本もかなり暑いようですね。

しっかり水分補給をして暑さ対策をしましょう('ω')ノ

ということで、今回は暑苦しくないしっとしたテーマです。

テーマはずばり「花」(*'▽')

ホイアンの旧市街を抜け、
Cua Dai通りに出ると花を咲かせた街路樹が並びます。

ベトナムの北部、中部では主に3色の街路樹があります。

1つは真っ赤な花が特徴の
「火炎樹(ホア・フォン)」

20140517_131548.jpg

ホイアンではCua Dai通り沿いや、オープンバス乗降場周辺に咲き誇っています。

北部ではハイフォンや、ハノイのホアンキエム湖・タイ湖周辺が有名です。
5〜6月にかけピークを迎え、夏の訪れを感じさせてくれます。

他は紫の花が特徴の
「バンラン」(和名:オオバナサルスベリ)

そして黄色い花が特徴の
「フォン・バン」

20140517_131726.jpg

いずれも火炎樹同様5〜6月にピークを迎えます。

バンランは、特にハノイで人気のある花木です。
旧市街やホアンキエム湖、トゥーレ公園などが有名です。

ベトナム人にとってバンランは卒業式、別れを連想する花です。
また「学生の花」とも呼ばれます。

青春っぽく日本人にとっての桜に少し近いですね。

フォン・バンもハノイやホイアンで多く見られます。

ホイアンでは、ダナンまで行く海岸通りがフォン・バンの街路樹となっています。
黄色いカーテンのようです。
ハノイではKim Ma通り沿いに多く咲いています。

いずれも西アフリカを原産とする熱帯の花木で、
日本では中々見られません。

ぜひ一度この花をのんびり観賞しにいらっしゃてみてはいかがでしょうか?

今回はこの辺で。
ヘンガップライ!

↓次はホーチミン!?それともハノイ!?↓
にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村
posted by 旅ぷらAPTトラベルホイアン(世界遺産)店 at 20:52| ハノイ ☁| Comment(0) | 歴史・名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

ベトナムの都会を比較してみた

みなさん、シンチャオ!
ホイアン・スタイル、マサトがお送りします。

なんだか風邪をひいてしまい、
鼻水がとまりません。
5月にして早くも夏風邪。。。
さすがベトナム。
熱帯夜が続いているので、体調管理をしっかりとー。

さて、今回はベトナムの「都市」にスポットを当てます。

写真 (5).GIF

ベトナムには三大都市があります。
日本でいう、東京・大阪・名古屋のようなイメージです。

バンコク、クアラルンプール、ジャカルタ、マニラなど
他の東南アジアの国の大都市と異なり、一都市に一極集中していないのもベトナムの特徴です。

ベトナム北部には首都「ハノイ」があります。

写真 (33).JPG

人口も650万人ほどおり、市街地はかなり広範囲です。

市内には湖が多く霧の街としても有名です。
史跡が多く観光地が多いのも魅力です。

そしてベトナム中部には貿易都市「ダナン」があります。

20131028_095616.jpg

他の2都市に比べると規模は小さいですが、
コンパクトな街で高層ビルも多く栄えています。
人口はまもなく100万人を突破します。

山やビーチもあり、ビジネス&レジャーが近接した非常に効率的な都市です。

最後はベトナム最大の商都「ホーチミン・シティー」です。

写真 (34).JPG

ベトナム最大の都市として栄え、人口は700万人ほどです。
「東洋のパリ」の一面もあります。
熱帯の雰囲気がそのまま街にも影響し、
「暑くて熱い街」の印象があります。

ぜひ、ベトナムを縦断し、それぞれの街の魅力を感じてみて下さい。

では今回はこのへんで。
ヘンガップライ!

↓次はホーチミン!?それともハノイ!?↓
にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村
posted by 旅ぷらAPTトラベルホイアン(世界遺産)店 at 21:31| ハノイ ☀| Comment(0) | 歴史・名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

ベトナム縦断、巡礼の旅〜ココロオチツク有名な教会で深呼吸してみた〜

みなさん、シンチャオ!
ホイアン・スタイル、マサトです。

いやーホイアンは夏真っ盛りです。
今日もものすごく暑く、一時的に40℃近くまで気温が急上昇しました。
暑すぎ。。。

そんなこんなで、現在ベトナムはどこ行っても暑いです。
暑いとちょっとイライラしちゃいますよね?

そこで本日は心を落ち着かせる癒しの場所をご紹介致します!!

ベトナムはフランス領だったため、街なかに多くのフランス統治時代の建物、
「コロニアル建築」が数多くあります。
その建築でも代表格なのが「教会」です。

ベトナム各地にその教会は姿を残して、キリスト教徒のみならず、
憩いの場となっています。

ではベトナムの有名な教会を北から順にご紹介します!

エントリーNO.1

20140225_173145.jpg

ハノイ大教会(セント・ジョセフ教会)
ハノイ旧市街に佇むランドマーク。1886年に建てられたハノイ最大の教会です!

エントリーNO.2

20140129_135810.jpg

フエ大聖堂
アメリカ風教会で、イエス像が目印!

エントリーNO.3

20140507_130503.jpg

ダナン大聖堂
1923年に建てられたピンク色の壁が目立つ教会。ステンドグラスがきれいなこと有名!

エントリーNO.4

20140508_162303.jpg

ホイアン教会
ホイアン旧市街の外側、住宅街にひっそり佇む教会。知る人ぞ知る穴場スポット。

エントリNO.5

ニャチャン大聖堂.JPG

ニャチャン大聖堂
ニャチャン駅を見下ろす小高い丘の上にある、1934年建立のゴシック様式の教会。

エントリーNO.6

写真 (18).JPG

サイゴン大教会(聖母マリア教会)
19世紀末に建てられたオレンジ色の壁が美しい教会。ホーチミンを代表する観光のスポット!

みなさん、いかがでしたでしょうか?

ベトナムには多くの「教会」があります。
教会巡りもおすすめですよ♫

では今回はこのへんで。
ヘンガップライ!

↓次はホーチミン!?それともハノイ!?↓
にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村
posted by 旅ぷらAPTトラベルホイアン(世界遺産)店 at 21:47| ハノイ | Comment(0) | 歴史・名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする