2014年10月01日

国境を超えて〜ラオスに突入!〜


しんちゃーーーーお!!!!

みなさん、ごきげんいかがでしょうか?
日本のみなさん、中だるみの水曜日ですが...\(^o^)/
私はピンピンしております!!!

若干胃が重いですが(笑)
そろそろ年かなァ。

そんなことを思いながら、今日も行ってみましょう(*^_^*)

今回の記事はシリーズものですが、
これからラオス旅行をお考えの方は必見☆彡


さぁさぁさぁ、ついにラオスのサワンナケートに出発しました。


7:00,フエのバス会社AN PHU BUSに集合....

7:30にセオムのおっちゃんがお迎えに来ました(゜_゜)

8:00バスターミナルに、行きまして,,,,寝台ではなく今回は座席のバス。
最初はガラッガラでしたが、徐々に人が増えてきました。


8:17やっとのことで発車(笑)

一番後ろの席でして、
中高時代、遠足や修学旅行の際にクラスのうるさい子たちが座る場所ですね〜。
外国人は私だけかと思ったら、アメリカのバックパッカーのイケメンが隣に!!!!
なんだか安心しました(笑)

P9252324.JPG

この通り、私とイケメン以外全員ベトナム人....


ほんでね、
み、見てくださいこのバス.....

P9252326.JPG

足元に、ダンボールやら米?砂利?の大きな袋が
床、通路に敷き詰められていまして、膝が高い状態でバス移動。
これが本物のバックパッカーなのか...しみじみ((+_+))


12:30 両替のおばちゃんが乗ってきまして、乗客がベトナムドンからキープにexchange!


P9262327.JPG


(このへんで、姿勢に苦しみ腰やおしりに限界を感じてきた...うっ( ;∀;))


12:50出国ゲート前にバスが停車し、国境超えの時が来ました。
うまく乗りきれるか、非常に緊張しておりました。


出国審査で、建物の中に入ってパスポートチェック。


それをパスしまして、ベトナム側の国境ゲート!!!


P9262329.JPG


どどぉんっっっ☆彡

ゲートのおじさんにパスポートを見せます。
(ベトナム人の場合はチェックされません。)


き、来ました!!!!!


P9262330.JPG


ラオス側の国境ゲート(^_^)

P9262331.JPG


その後、すぐにラオス出入国カードに個人情報を記載します!!!


ふぅぅぅぅぅぅ、安心した。
これで入国完了!!!トイレトイレ〜♪
撮影はしていませんが、トイレめっちゃきれいでいい匂いですよ♪

肩の力を抜けたところで、バス乗ろう〜.....

......あれ???バスが見当たらない。



50m先に目を向けると、

「ブーーーーーーーーーーーーン♪♪♪」


忘れられてる。。・゚・(ノД`)・゚・。。・゚・(ノ∀`)・゚・。。・゚・(ノД`)・゚・。

すぐに、近くのバイクのお兄ちゃんが助けてくれて追いかけました!!!!
ほんまに泣きそうになった.....wwwwww

思わず出ました、「troi oi----------------!!!!」
本気のチョイオイ−!!!で叫んでやりました。

まぁ、バスがちょっと先の昼休憩所に行っていただけで、すぐにみんな降りてきたんですけどね(笑)
ここでも、バイクのお兄ちゃんにお金取られました(多分ラオス人。)
どこに行っても、変わらんなー。


P9262332.JPG


P9262333.JPG
お昼ごはんは、Com Ca(コム・カー(魚)、


お昼を食べて、13:30再出発!!!

よくわからない文字、ラオス語の看板を何度も見てバスに揺られ
サワンナケート到着時刻、18:20でした。


10時間に及ぶ大移動!!!


何度も姿勢を変えては、腰の痛みに耐えておりましたwwwwwwww



バックパッカーって大変だなぁ......ほんまに。(2回め)
まだまだヒヨッコであります。




明日は、ラオスの思い出を語りますよー!!!!それでは!!!!




☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
「海の桂林」と称される世界遺産、「ハロン湾」へ日帰りで行けちゃう!?
ツアー詳細はこちら
ツアーは毎日催行☆お申し込みはこちら
☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

↓次はホーチミン!?それともハノイ!?↓
にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村
posted by 旅ぷらAPTトラベルホイアン(世界遺産)店 at 14:17 | ハノイ ☁ | Comment(0) | ベトナム・フエのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]