2015年07月11日

ホイアンの日本橋。色々な想いと歴史が詰まっています。

世界遺産の街からこんにちはー!

ホイアンからナカネがおおくりいたします。


DSCF6370.JPG

ホイアンで、日本人の間で一番有名なランドマークといえば、やはり日本橋ではないでしょうか。



DSCF2934.JPG

別名「来遠橋」。
当時はこの日本橋を挟んで、西側に日本人町、東側に中国人街があったとのこと。
(東西どちらかかは諸説ありますが)

はるか遠く、中国や日本から来るということで、阮朝の皇帝が名付けたそうです。





DSCF2931.JPG

橋の途中には「バック・デ・チャン・ヴ」という神様が祀られ
天災(洪水)から人々を守るよう祈られていたようです。
ホイアンは今でも9月〜10月頃の洪水はすごいですからね…。


DSCF2937.JPG

橋の西端には猿の像があります。
これは、橋の建築開始が申年だったことに因んでいるとのこと。
3年後、戌年に竣工しているので、反対側には犬の像もあります。




(ちなみに、30歳になっても恋人ができない人のことを、ホイアン人は「日本橋の猿」といって揶揄するんだとか〜…)













ホイアン旧市街にはこのほかにも見どころがたくさん!
ただ漠然と見るだけではわからない観光地も、日本語ガイドと一緒にまわることでもっと楽しくなります。


ツアーに関してもお気軽にお問い合わせください!
「ホイアン市内&ミーソン遺跡ツアー」
http://www.tnkjapan.com/tours/hue100_hoian_city




ナカネでしたー!



posted by 旅ぷらAPTトラベルホイアン(世界遺産)店 at 12:14| ハノイ ☁| Comment(0) | ベトナム・ホイアンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする