2017年05月14日

早川のバイク旅 総集編。ハノイと中部まとめてみました!ベトナムにはまだまだ素朴で素敵な場所がたくさんです。

しししんちゃーお♪
昨日ぶりです、早川です!

昨晩は雨がどばどばあああああと久しぶりに多く降ったので
朝は少し涼しかったです。
昨日の雨がうそのように今日は朝からかんかん照りのホイアンです。

早川のベトナムの楽しみの一つがバイク旅♪
人生最初のバイクはベトナムデビューとちょっとハードルが高かったですが、
今思えば日本で乗っていない分、素直にルールに合わせられた気がします。笑

そんな今までの遠出をブログに書き溜めていたので、ここで中部分も追加してご案内!
ぜひ観光名所だけでない、ベトナムの景色を知ってほしい思いでいっぱいです!

ハノイ中心となっているので既存分は割愛で・・・
徐々に文章力と写真の技術が回数を増すごとに上がっている気もして、
時間の流れも感じます。。笑

下記題名のリンクをクリックしてくださいね♪

ベトナム!ハノイ!近郊の伝統工芸村!バイク旅@-日本人に人気のあの村-
o0280050013140236193.jpg

記念すべき1回目はハノイ発のツアーでもおなじみのドゥンラム村。
写真も初々しく楽しそう・・・!
3回近くは通ってる大好きな村です♪

ベトナム!ハノイ!近郊の伝統工芸村!バイク旅A-ハノイ3大焼き釜を求めて-
o0500033313147025954.jpg

2回目はスタッフと一緒に!
実はバチャン焼きと並ぶ有名な陶器の村ですが、まだ観光地化されていない本来の素朴な村の生活や作業風景が見れます。

ベトナム!ハノイ!近郊伝統工芸村!バイク旅B-田舎とあの門に会いに行く-
o0281050013153719950.jpg

3回目はもっとマイナー!な村へ・・・
田舎検索(ネット)の際、すごく素敵で一目見ようと行ったのですが天気も、私の技術も不完全燃焼・・・!
その分村人との交流がすごく楽しかったです♪

ベトナム!ハノイ!近郊の伝統工芸村!バイク旅C-ベトナム仏教を感じましょう-
o0500028113158525693.jpg

お寺を目指して遠出!当時作成中だったお寺の仏塔?も今は出来上がっているかと思います。
恐らく、作りかけのものに登ったのは人生で最初で最後の経験かもしれないです。。

ベトナム!ハノイ!近郊の伝統工芸村!バイク旅D-ベトナム料理と人の優しさ-
o0500028013188371769.jpg

ハノイ在住者さんにはおなじみの春雨の村!
ここの人たちは本当に皆優しくて、2回目でも覚えててくれてご飯とお昼寝とお土産など
いつでも大歓迎で迎えてくれます。

ベトナム!ハノイ!近郊の伝統工芸村!バイク旅E-お花で彩る旧正月-
o0500037313206516011.jpg

テト前の時期に行くとお花がたくさん!お花畑はやっぱりテンションもあがります。
こちらはハノイ旧市街からも結構近いです。

ベトナム!ハノイ!近郊の伝統工芸村!バイク旅F−木彫りとおじいちゃん−
o0375050013579229483.jpg

ここでデジカメを手に入れたようで写真が急に綺麗に・・・笑
木彫りはあちこちの村にありますが、この村は色んな機械音と木の匂いで
とても楽しい場所です。

ベトナム!ハノイ!近郊の伝統工芸村!バイク旅7.5−ベトナム建築に触れる場所−
o0500037513583809702.jpg

早川いちおしの隠れた施設!
建物やベトナム文化に興味のある方はぜひ!行ってほしい場所です。
私ももう一度行きたい・・・。道中も田園風景と山で大好きな道です!!

ここまでがハノイ分。
下からホイアン発です!

ホイアンから行く!今人気急上昇だけどまだまだ穴場!行くなら人の少ない今に…
c.jpg

今認知度が急上昇!
今年は中部名物おわんボートにもペイントをして、ベトナム版ギネスブックに更新予定の海沿いの素敵な村です。

なんと私、中部ではブログを(サボり気味)だったようで、この先の旅行は書いていません・・・。

そのため簡単に写真と内容をご案内!

【フエから行く、存続危機の陶器の村】
実はベトナムで1番どこが好きですか?と聞かれたら、迷わずフエ!を選んでいます。
自然と田舎と歴史的遺産がある哀愁漂うフエは、ベトナム人に人気がないようですが、私は
色んな人に太鼓判付きでおすすめしています。

今回は中部でも陶器の村めぐり・・・この村激推しです!
田舎の生活と自然と陶器。かつてはグエン王朝にも献上していた陶器ですが
今元来の手法で作る方は70歳オーバーの2名だけ。
今度なくなりそうで、本当にもったいないです。
30452576_Unknown.JPG
30453232_Unknown.JPG

素焼きで自然の色を生かしたシンプル勝負!フエでもほとんど出回っていないフォックティック焼きです。
工房も今は観光客が来る時だけ作業という悲しい現実。。

30452768_Unknown.JPG
30453056_Unknown.JPG

フエは英雄祀る場所やお寺がとにかく激しい装飾♪細かい技術が詰まっています。
またこの村は苗字ごとに集会所も異なるので、たくさんあり写真が多くなります。笑
この自然と同化した祠も実は500年前のチャンパ系で、今ではとても珍しい重要文化財です。

PHUOC TICH村はフエ市内から約40km。半日で十分楽しめる距離なので、なくなる前にぜひ!


【ダナン・ホイアンからいける少数民族の村】
ベトナムは54の民族から成り立っています。そのうち85%近くを金族が、残りの15%を53の少数民族で占めています。
今回はバイクでもいける山岳方面へ・・・
これが恐怖のバイク旅となります。

30190128_Unknown.JPG
ホイアンから片道3時間。このうち1.5時間が山道となります。事前情報は国道だったので安心していたのですが、コンクリートが悪くいつも以上に強い力でハンドルを持ち続けながら振動に耐えつつ、ブレーキかけつつ・・・バイクを運転していて、腕が痛くて運転を止めるのは初めてです。
ガソリンスタンドはもちろん、民家も少ないのでガス欠におびえながらガソリンスタンドがあるたびに給油してのバイク旅です。

でもそんなつらさを越えた先に楽しみにしていた光景が!
30188896_Unknown.JPG
こちらのつり橋をバイクで走って川を渡る先が「Bho Hoong村」cotu族の村です。
この村は観光用の村として発展しているので、外国人が来ても驚いたりしません。

30189952_Unknown.JPG
30189920_Unknown.JPG
自然を利用したそれぞれのおうちがとてもかわいらしいです。
中に入らせてももらいましたが、風がよく通る涼しいつくりです!

30189088_Unknown.JPG
30189792_Unknown.JPG
村のおばあちゃん達は民族衣装で、他の方は洋服ですが、鍛冶をしたり掃除道具をばななの葉っぱから
作っていました。

ベトナム語すら通じない方も多いですが、それも楽しみながらのコミュニケーションができる村でおすすめです♪


まだまだ紹介していないバイク旅はありますが、どんどん長くなってしまうので残りは、またいつかの機会に・・・

さて、本日は実は私がブログ更新最後の日。
今までのベトナムをちょっと振り返ってみようと書いてみました!

バイク旅は色んなベトナム文化、人、自然と触れ合えるのが最大の魅力なので
時間のある方はぜひ田舎へぷらっと出かけてみて下さい!
もちろん、バイクは心配だと思うので弊社でも専用車やガイドなど万全のバックアップも可能です!
ぜひただの旅行ではなく、心により残る旅行を楽しんでくださいね♪

以上、早川でした!
今までありがとうございましたー!
☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

ツアーご予約・お問い合わせ受付中!!
HP: 旅ぷらTNKトラベルホームページ
ベトナム旅行なら旅ぷら!
http://www.tnkjapan.com/

インスタグラム始めました。
tabipla_apthoian_travel


↓↓ベトナムについてさらに知りたい方はこちら↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

こちらもポチッと!!↓↓

人気ブログランキング

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

posted by 旅ぷらAPTトラベルホイアン(世界遺産)店 at 17:16| ハノイ ☀| Comment(0) | スタッフの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

ハノイといえば、バチャン焼き、ホイアンといえばタンハー焼き。謎の博物館とお土産が嬉しい伝統工芸村!

しししんちゃーーーお!
GWぶりです、早川です。

GW終わりからぐっと湿度と気温が上がり6-7月の1番暑い時期に向かっております・・・
夕方から曇ることも増えてきたのでちょっと天気は不安定っぽいですね。。
昨日も雨がちょろっと降りましたが、ほんの少しだったので
湿度が上がるだけと嬉しくない雨でした。。笑

ホイアンにはいくつか田舎の村がありますが、今回は陶器の村へ!
陶器はハノイのバチャン焼きが有名ですが、ホイアンではタンハー焼きになります。
デザインは土のそのあまの赤茶色を生かした素焼きで、自然らしさ全面です!
食器ではなく、置物や瓦がメインです。

ホイアン旧市街からはバイクで約15分。
弊社オフィスのあるPhan Chau Trinh stをひたすらまっすぐ!まっすぐ!
ところどころに看板もあるので、最近は観光にも力を入れており、
私が訪れたときは韓国人観光客のバスがどどん!と4,5台並んでいました・・・

このタンハー村は入場料がいるので、チケットカウンターでまずは購入。
チケットには村の散策とお土産代が含まれています。
また簡単な地図ももらえるので、お土産ポイントと観光ポイントを確認してください。

IMG_2246.JPG

チケットカウンターの近くには陶器博物館が・・・!
こちらは別途料金になっているので、興味のある方はまた入り口でお金を払ってください。
陶器体験もできるので、その場合は追加料金となります。

IMG_2250.JPG
見た目がレンガで赤茶色の博物館・・・

中は屋上込みの4階建てで、タンハー焼きの作品はもちろんベトナム南中部の陶器の村の説明などもあります。
私が圧巻したのがこちら!

IMG_2264.JPG

全て陶器でできています!ベトナムの歴史や生活、中部の世界遺産を表現しており、
大きいです!壁にずらーっと並んでいるので存在感抜群。

追加料金を払った私は、博物館のあとはろくろ体験へ・・・

IMG_2274.JPG

最初にデザインを決めて、こちらのお兄さんが一緒に手伝ってくれます。
日本で体験したものより土が固く、ぐしゃっとならずに完成。
出来上がったものはドライヤーで乾かしてお持ち帰りもできます。笑
ちなみに水にぬれたらアウトなデリケート状態です。

リクエストを出せば焼くこともできますが、期間は1ヶ月。
旅行中はちょっとむずかしいです・・・

博物館の最後には、こんな面白い場所も♪
IMG_2279.JPG

陶器で世界旅行!
ベトナムはもちろん、世界中の有名な建物を陶器で作製されてます。
なにより想像以上に細かいので、博物館で1番テンションあがりました。

そのあとはお土産を目指して村散策。

IMG_2294.JPG
手と足を同時に動かす効率的のよい?パフォーマンス性の高い?方法を見学できます。
また田舎の村なので、素朴な生活も垣間見れます。

私の大好きな細道もいい感じです♪
IMG_2296.JPG

村の最奥のほうにはチケットと引き換えでお土産場所が。
干支の形をした笛です。
ベトナムと日本の干支は若干ことなりますが、英語表記のある年表があるので
そちらを参考に自分好みのデザインを探してください。

IMG_2291.JPG

ここまで行って約2時間。
時間の余った方にお薦めな村です。

ぜひホイアン旧市街だけでなく、ちょっと足を伸ばしてベトナムの田舎も
楽しんでくださいね^^

以上、早川でしたー!

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

ツアーご予約・お問い合わせ受付中!!
HP: 旅ぷらTNKトラベルホームページ
ベトナム旅行なら旅ぷら!
http://www.tnkjapan.com/

インスタグラム始めました。
tabipla_apthoian_travel


↓↓ベトナムについてさらに知りたい方はこちら↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

こちらもポチッと!!↓↓

人気ブログランキング

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆








posted by 旅ぷらAPTトラベルホイアン(世界遺産)店 at 17:55| ハノイ ☀| Comment(0) | スタッフの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

ベトナム・フエ発☆ベトナム戦争の歴史巡りの旅〜DMZ(非武装地帯)ツアー〜

シンチャオ!
飯田です。

最近ホイアンは蒸し暑い日が続いております。
そして、日中は天気もピーカン!
熱中症には十分ご注意くださいませ(゜o゜;

さてさて本日は、、、
あまり出ないレアツアーかつ密かに人気の
「DMZ(非武装地帯)ツアー」
を紹介いたします!

ベトナム中部はベトナム戦争の激戦地として有名です。

この歴史を繰り返さないためにも、当時の状態を保存してあり観光地として整備されたのが、現在のDMZになります。

DMZとは
Demilitarized zone(非武装地帯)の略語になり、皆さんがピン!とくるのは韓国と北朝鮮の38度線かと思います。
ベトナムも数十年前までは南北に分けられており、それがフエから車で約2-3時間程度の距離にある北緯17度線になります。
この境界線はベンハイ川が大部分を占めており、川を挟んでそれぞれ管轄が異なりました。
ロシアとアメリカの冷戦の代理戦争とも言われるベトナム戦争で、この境界線は1954年-1976年の間使われていました。

ロックパイル
18052025_1837938629565072_727501163_o.jpg
映画好きな方ならご存知かもしれないですが、ベトナム戦争の映画の題名にも使われています。高さ230Mの岩山で、当時はアメリカ軍の監視基地になります。
このロックパイルにより戦況が変わると言われていたため、激戦地でもありました。
今は緑も戻り、昔戦争があったような面影はありませんが当時は木もほとんどなくミサイル発射基地として利用していました。
ここへはヘリコプターなどで空中から物資供給が行われており、常に上からアメリカ軍がベトナムを監視していました。

ホーチミンルートとダクロン橋
18049809_1837940856231516_282055089_o.jpg
ホーチミンルートとは、北ベトナム軍が南ベトナム解放民族戦線へ物資を運んだ道になります。ラオスやカンボジアを経由する道もあり、総延長2万キロに及びます。
数百万人がこの道やこの道に架かるダクロン橋を利用して命がけで物資を運び別名「血のルート」とも呼ばれ、アメリカ軍の数多くの攻撃にも耐え抜いてベトナム統一へ向けての国民の気持ちがたくさん詰まった場所です。
戦争時には壊れますが、戦後に再建され今の状態となっています。

ケサン基地
18049650_1837938952898373_232199502_o.jpg
ここはアメリカ軍の最前線でした。
この基地は南北を結ぶ国道9号線の北にあり、北ベトナムを攻める戦闘機などがここから多く飛んでいき、また逆に攻められることもあり激戦地にもなりました。また先に見学する、ホーチミンルートを破壊するための基地でもあります。
アメリカ軍は約114,000トンの爆弾を投下し攻めてくる北ベトナム軍を襲いました。この爆撃によってケサン基地攻撃を行っていた北ベトナム軍約5,000名が死亡したと言われており、大変有名な場所になっています。
このケサン基地は維持費が高い割りに、空爆の成果も上がらなかったため、最終的にはアメリカ軍自身がこの基地を破壊して放棄した基地として有名になります。そして、この行為がアメリカ国民に衝撃が走り、アメリカ国内のベトナム戦争撤退活動に加速させた出来事でもあります。
今は観光地として、当時の戦闘車やヘリコプター、滑走路や博物館があり間近で見ることができます。

ビンモック地下トンネル
18052281_1837941322898136_1162388688_o.jpg

18012756_1837941446231457_991707465_o.jpg
ホーチミンから行くことのできる観光地の「クチトンネル」は戦闘用のトンネルになりますが、こちらは住民たちが戦火から逃れるために掘った地下都市のトンネルになります。同じトンネルでも間反対の役割をしています。このトンネルの中には居住地区、病院、会議室などさまざまな部屋があり、トンネル内で17人以上の赤ちゃんが生まれたことでも有名です。
海にもつながっており、爆弾のないときはここで漁業をしたり新鮮な空気を吸ったりして過ごしていたそうです。
このトンネル含め周辺ではアメリカ軍は9000tを超える爆弾を投下したと言われておりトンネルの丈夫さと住民の気持ちの強さ、想像を超える爆弾の量は想像を超えるものです。

ベンハイ川
北緯17度線、DMZの大半を占めるベンハイ川にかかるヒエン・ルオン橋は当時唯一の橋で22年間渡ることができませんでした。
今は徒歩のみ渡ることができ、ヒエン・ルオン橋の隣の橋が車両通行可能の橋として現在使われています。またベトナム戦争の象徴としてもよく挙げられ、橋の近くにはフラッグタワーや当時のものを展示している博物館もあります。

ベトナム戦争当時のものが色濃く残るDMZの地域は平和を見つめなおしたり、
ベトナム人の精神の根底を垣間見ることができます。
ぜひぜひ、今も成長を続けるベトナムの歴史を肌で感じてください。


現在、5月は催行決定しておりません。
ご希望のお日にちがございましたら、お問い合わせくださいませ!

DMZツアー
料金:$99(2,277,000VND)
ツアー詳細はこちらから

以上、飯田でした!

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

ツアーご予約・お問い合わせ受付中!!
HP: 旅ぷらTNKトラベルホームページ
ベトナム旅行なら旅ぷら!
http://www.tnkjapan.com/

インスタグラム始めました。
tabipla_apthoian_travel


↓↓ベトナムについてさらに知りたい方はこちら↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

こちらもポチッと!!↓↓

人気ブログランキング

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
posted by 旅ぷらAPTトラベルホイアン(世界遺産)店 at 21:10| ハノイ ☀| Comment(0) | ツアーのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする